フリーエリア

プロフィール

ひめちん★

Author:ひめちん★
ペキニーズの気まぐれ?お転婆娘!《ひめ》と毎日楽しく過ごしてます^^v

☆静岡県在住  ♀
 チョッピリいい加減な・・・A型

☆ひめ(元♀:2008.5.7避妊手術)
 パーティ-カラーBKマスク。。。。。
 2007.10.28生
 5歳0ケ月

☆体重・・・只今 4.1kg

☆焦点発作(てんかん)有り

☆マイクロチップ登録・・・2009.7.13

☆2008.1.13(運命の日)・・・家族が1人?増え、ひめがウチの子 になりました!

☆★ひめちん:5兄弟の末っ子でちた☆★

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が18歳の時・・・初めてワンちゃんを飼う事になった

高校生だった時の先生のご実家で、シェルティーの赤ちゃんが産まれたと連絡が有り、急遽、長野県安曇野へ。。。

4匹だったかな?記憶は定かでは無いけれど、その中で1番大きく耳もピンと立って、おとぼけ顔の男の子が1匹

もう、この子!だわ。。。と譲って頂いた

長い道のり、車の中でとても大人しく・・・私のジージャンの中で眠ってた

家に着いた時の父と母の顔が今でも思い出すと笑ってしまう

「お帰り・・・ワンちゃんは何処にいるの?」

「見えないの?私の上着の中にいるじゃん!!!」

「分らなかったぁ~。」

・・・・・と、それほど小さかった

家族で、名前を決めた。。。『ケン』に決定

すくすくと育ち温和な子で、これがまた自分はワンコだと言う事が全く分らない子になってしまった

ケン001

ケンは、私にとって弟みたいな感覚だったかな

OLしてる時、夜遅くに帰宅しても必ず待っててくれて、仕事の事・嬉しかった事・悲しい事・怒った時の事。。。。。とにかく、親に話すよりケンに話す事の方が多かった様な気がする

泣いている時は、ちゃんと慰めてくれたりもした

「お姉ちゃん、もう大丈夫?もう泣かないし・・・!」って、元気づけてくれたりもした

旦那と知り合い、付き合う様になって旦那に・・・「ケンと仲良くなれない男はダメだから」と言った覚えも有るな

旦那は犬嫌いだった。。。

でも、精一杯ケンと仲良くしてくれたな。。。ありがとね

結婚して、東京へ・・・・・出産して、埼玉へ・・・・・

お腹に赤ちゃんが出来た時も、???みたいな顔して、お腹に鼻押し付けてたな

息子(お兄ちゃん)が産まれて、実家に里帰りしていた時も、クンクン匂い嗅いでた

息子が少しずつ成長し、歩ける様になった時、お庭で一緒に遊んだよ

「ケン、ちょっと見てて。。。」なんて言わなくても、息子の側にピトっ・・・てくっついて、優しいお兄ちゃんの様に面倒をみてくれた

ホント、優しい子だった

娘(ネエネ)が出来た時も、同じ様にお腹に鼻を押し付けてた

娘は小さな時からケンと遊びたかったみたいだけど、とにかくしつこい

ケンの中では、大人しい息子の方が遊ぶのに良かったのかもしれない

子供達が大きくなると言う事は、ケンはそれだけ歳をとったと言う事なのだ

14年目に入った頃から、お散歩も食欲も・・・とにかく欲が無くなってきた感じだった

段々動く事も、排泄も、今まで出来た事が出来なくなり、ケン本人も苛立ってるのが良く分った

寝たきりになり、介護が必要な状態・・・家族の頭の中に『死』と言う言葉が・・・お別れ・・・受け入れたくないけれど、覚悟しておかなくてはならなくなった

ケンも一生懸命頑張って生きました

15歳11ケ月。。。もうすぐお誕生日だったけど、天国へ旅立ちました

ケンの棺の中には、今まで使っていたおもちゃや花束・私達からの今までの思い出の感謝の手紙等、入れました

亡くなって5年半経ちますが、私の心の中で・・・家族の心の中で・・・元気一杯駆け回っています

心の中で生きてるって、こう言う事を言うんだなって、ケンとお別れして分りました

母は、子供の様にケンを育ててましたから、立ち直るのに時間は掛かりました

もう、ワンコは飼わないと言ってます

ケンが最初で最後のワンコなんだそうです

ケンから教えて貰った事って、沢山あります

いつか、またお別れが来ますが、後悔しない様に。。。。。

その事を思い出しながら、今は『ひめ』を子供達と同じ様に愛し育ててます

ひめとの生活は、しつけ=育児かな



こんな風に、ふっと・・・・ケンを思い出したりするんですよ








スポンサーサイト

コメント

No title

ケンちゃん、男前だよね♪
私にとってリーが初めてのワンコだから、こうして、お別れした話は貴重です。愛犬との日々を振り返るのに良い機会を与えてもらってる気がします。
ひめちんもケンちゃんに見守られてるんだね♪

めいママ様

そうですね…。きっと天国で笑ってるんじゃないかなo(^▽^)o
「ひめはまたお姉ちゃんを困らせてるな…」
「お姉ちゃん、そんなに気張らないで、気長に気長に…」
な~んてね('-^*)/
ケンの思い出はハッキリと思い出せますo(^▽^)o

愛犬…大切な家族ですよねo(^-^)o
思い出は、良いことにしろ悪いことにしろ、沢山あった方が楽しい生活を送れて良いと思いますo(^-^)o
全部の思いは良い思い出になりますo(^▽^)o

愛情たっぷりに育てましょうね♪(*^ ・^)ノ⌒☆
めいママは私にとって、目標でもあるんだよん(*^o^*)

No title

ケン君との思い出、宝物だよね。
私は空の先代ごん太が虹の橋を渡る瞬間を見送りました。
それから空を迎えるまでの半年間、殆ど毎日泣いてました。
今でも思い出すと涙が溢れちゃうもの…
ごん太にしてあげられなかったことを空にしてあげたいと思っていたら
今のように空を連れまわす結果になってしまってます(^^;
過保護と言われてもいい!だって大切な家族の一員だもの。
また悲しい日がやってきちゃうけど、今は精一杯愛して愛して
大切に一緒の時間を過ごしたいです。
お互い「ウチの子が一番幸せ!」と胸をはれる様に愛情を注ごうね。

hare様

空姉ちゃんも同じ思いをしてたんですね(T_T)
空ちゃんは誰が見たって幸せいっぱいのワンちゃんですよo(^-^)o
悲しい思いをした分、今の子に愛情たっぷり注ぐ事が出来ると思うし、空ちゃんにしろ、ひめにしろ大好きな家族に囲まれ愛情掛けて貰えて、それが他人から見て過保護と思われても良いと思うんだ(^O^)
だって、お顔見れば分かるじゃん!その子が幸せかどうか('-^*)/
私もケンにしてあげられなかった事をひめにしてるし、ケンが天国へ行く数分前にお顔見て、しっかり私の顔を見てくれたから、安心して娘を幼稚園にお迎えにいった時…眠る様に逝っちゃったんだ(|||_|||)
何で…?って、さっきちゃんとお話したじゃん…。って…。きっと、家族みんなに心配かけたくなかったのかも…。
優しい子だったからo(^-^)o
だから、ひめには淋しい思いはさせたくないし、ずっと一緒にいれる環境だから、これから先もひめは私にピトッてひっついているよ('-^*)/
ウチの子が一番幸せ者!で育てていこうね(^O^)/

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。